Sat Jun 11, 2005 [長年日記]

#1 [Linux] QEMU-0.7.0

久々にQEMUのWebを見たら、0.7.0が出ていました。ということで、CVSリポジトリから最新ソースを引っ張り出してmake installを実施。

早速起動して前回失敗した環境のままで、Windows Updateをしてみるものの現象は変わらず、じゃあクリーンインストールしてみるかということで、新規にWindows2000 SP4をインストールしてWindows Updateしたところ、これもダメ。前回同様 0x80090305 のエラーです。

前回はここで諦めてIE6をインストールしましたが、今回はイベントビューアで何かエラーが出てないか調べてみました。そうしたところschannel.dllとかいうモジュールがエラーを吐いていることが判り、これがWindows Update失敗(SSL通信ができない)のようでした。

で、ググってみたところ、Qemu-develメーリングリストのアーカイブに、この現象について書かれているものを見つけました。どうやらSP4特有の現象で、対処方法としてはSCHANNEL.DLLとRSABASE.DLLかRSAENH.DLLをSP2かSP3のものに戻すということらしいです。

ということで、SP2のCDから*1ブートして回復コンソールを起動し、CD内のSCHANNEL.DLLとRSABASE.DLLを、HDD内のSystem32配下に複写してリブート。

さて、Windows Updateの結果や如何に? ダメでした。ソフトウェア更新が不完全だと怒られてしまいました。で、そこから辿れるサポートページを見てみると、iuctl.dllとiuengine.dllをレジストリから外し、さらにファイルを削除してみろと書かれています。

さて、今日のところは時間切れなので、この続きは今日の夜ということで。

*1 実際にはCDイメージから

[]

«前の日記(Tue May 31, 2005) 最新 次の日記(Fri Jul 01, 2005)»