Tue May 17, 2011 [長年日記]

#1 [] クライアントマシン更新

節電のためサーバのハードウェアを更新し、続いてクライアントマシンのハードウェアを更新しました。まぁ節電のためってのは言い訳だったりしますが。

新しいハードウェアのスペックは以下の通りです。

マザーボードZOTAC IONITX-P-E@20,980
ケースDirac Noah 800-W Rev1.5@14,800
メモリSanMax SMD-4G88HP-13H-D 4GB(2GB×2)@4,980
ディスクWestern Digital WD7500BPVT-R (SATA 750GB)@5,980
光学ドライブPanasonic UJ-240@10,980
ケーブルスリムラインSATAケーブル PSA-761@980

クライアントマシンでは X-Window System を使うわけですが、今まで NVIDIA を使用していて問題が無かったことから、次も NVIDIA がいいかなぁと思っていて、Atom D525+ION2 というマザーボードもありましたが、Atomよりもう少し性能がいいものをということで、Celeron U2300+ION という組み合わせのマザーボードを選択しました。

今までは Northwood Celeron 2.6GHz を使っていて、これは TDP が 62.6W だったのですが、今度の Celeron U2300 は TDP が 10W ということで、(相対的には)かなりの節電になります。

ケースは電源アダプタタイプのものを選びました。電源アダプタタイプは価格が高めなのですが、設置面積が少なくて済みます。

OS は今まで Fedora を使っていましたが、今回は初めて Ubuntu を入れてみました。一度インストールすると余り頻繁に更新はしない性格なので、Ubuntu 10.04 LTS をインストールしましたが、拍子抜けするくらい簡単に使えるようになってますね。これだけ簡単に使えるなら、人気になるのも頷けます。

さて、次はテレビを買わないと。未だアナログなので、地デジ対応をして、新しいクライアントマシンと HDMI で接続するつもりです。

[]

«前の日記(Sun May 15, 2011) 最新