Mon Oct 21, 2013 [長年日記]

#1 [] 冷蔵庫が逝ってしまった

日曜の夜、冷蔵庫を開けたところ、なんとなく冷えていない感じがしていて、今朝再確認してみたら、まったく冷えなくなっており、冷凍庫の物がすべて解凍状態になっていました。

調べたところこの冷蔵庫は、昭和63年6月20日に秋葉原の石丸電気で58,000円で購入したものでした(マニュアルを探したら、領収書が出てきた)。マニュアルによると、製造業者:東芝、型番:GR-M11A、容量:110リットル(冷蔵庫:82リットル、冷凍庫:30リットル)、WxDxH:476x497x1122、消費電力:90W とのことです。

最近は日本酒を入れておくことが多く、本数が余り入らないことが不満だったので、壊れたこの機会に少し大きめのものに買い換えようと思いました。

が、ちょっと部屋に物を置き過ぎていて、幅60cmのものは入りません。せいぜい58cm、できれば56cm以下が良く、探してみるとなんとか270~300リットルくらいのものがありました。

こうなると候補は20種類もありません。

この中で日立のR-27DSに決めました。サイズはWxDxH:540x625x1495で、容量は265リットル(冷蔵庫:145リットル、冷凍庫:66リットル、野菜室:54リットル)です。

日立にはこのサイズでR-S270DMVというのもあり、こちらは真空チルドルーム(10リットル)というのが付いていますが、有っても使いそうに無いので、価格の安い方にしました。

まだ確定ではありませんが、今週末は冷蔵庫の入れ替えになると思います。


«前の日記(Sat Oct 19, 2013) 最新